2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年5月26日 (日)

暑かった(ハアハア)‼

 岡山が、たかが32℃台で暑いなんて言ってちゃいけないね。だって、あの北海道で39.5℃なんでしょ。一般的な常識では、北海道は夏も涼しいって感覚なんだけど(私が行った時は、北海道の方は「暑い」と仰っていたけど、私には「どこが。全然涼しいじゃんっ!」と感じられたからね。でも寒暖計の目盛りは・・・たぶん・・・正直だ。温度計が39・5℃といえば、それは客観的に39・5℃だということで、体温がこのくらいなら寝込んでた方がよい。ちなみに私は学生時代、39・5度の熱を押して、「限界への挑戦だ~っ!」と、道場へ行って稽古したら、その日の夜から体温が軽く40℃を超えて、1週間ほど身動きが取れなかったという経験がある。限界への挑戦は、できたら、健康な時にしましょうね、という教訓を得た、あほな過去でございます。生きててよかった・・・笑)、この時期であろうが盛夏であろうが、気温が39℃なんて馬鹿な数値になったら、肺魚よろしく「夏眠」するしかございません(肺魚みたく、粘液を出して、自分の身体の周囲に膜は作れませんが・・・ちなみに肺魚、正面から顔を見ると、犬に似てます。でも体長はけっこう大きくなるし・・・1m近い?・・・歯が鋭いし、細長い魚の特徴で、獲物に噛みつくとスピンするので、指なんか噛まれるとちぎれることもございます。一般的なペットとしては不向きかと思います)、やっぱりお天道様の気が狂ってるのかねえ。

 ということで、トランプ大統領も、無事にお相撲さんの観戦ならびに授賞式も終えられたみたいで、よかったよかった。平幕の朝乃山関が優勝されたということで、滅多にないはずのアメリカ大統領の賞を受けるなんて、「持って」ますね。その勢いで横綱を目指していただきたいものです。でもトランプさんて、改めてでっかいなあ。お相撲さんよりも大きいんじゃないの?(私も学生時代には、でっかい外人さんとはよく交流・・・殴り合いを含む・・・笑・・・してましたけど)上背だけなら。

 日米親善がより深化することは、大歓迎でございます(アメリカにも、友人がけっこういたりするので)。こういう外交ができる、今の安倍首相って、凄いもんだなあと思います。国のトップは、こうあっていただきたいもんですね。国際会議で「ぼっち状態」で、意味不明の笑いを浮かべていたりするのは、見てて情けなくて(笑)。

 どこへ行っても友人、知人に囲まれて、和やかに過ごしているのを見ると、なんとなく嬉しくなってしまいます(幸い、私が一番「ボッチメシ」を食ってるのは、日本でございまして、他国へ行くと、毎晩がもう大変・・・おかげで酔っぱらうと、日本でも突然どこかの国の言葉がでることがございます。アルコールによる酔いが、変な言語中枢を刺激して、スウィッチが入っちゃうんだろうね。普段の日本でのボッチ飯時に、よその国の映像を見ることが多いのも影響してるかも知れない)。いやあ、旅に出たら、現地の人と仲良しになるのが一番でございます。でもよく見極めないと、人がよい日本人は、かもかも(come come)鴨かも?(笑)。

 昼間あまり暑すぎたので、眠かった(でもやるべきことを、半分くらいはやった)。夜頑張ろうと思ってたら、もう眠くなっている。さあて、やるべきか」、ねるべきか。平仮名一文字違いだが、明日の暮らしが大きく影響を受ける。悩ましいが、悩んでいる間があったら、やった方が時間が無駄にならないという結論に到達したので、できるところまでやることにいたしましょう。

 歳月不待人。

2019年5月25日 (土)

夏だねえ・・・笑

 昼は暑かったですなあ。でも夜になると、どーしてこんなにも気持ちいいの? 気温もいい頃だし、風がなんたってき快い。はいっ! 今晩も睡眠不足でキマリ! 昼寝でもしときゃよかった(昼には昼で、けっこう頑張ってましたけど。昼にしかできないことって、ありますからね)。

 どうやら家主に似たのか、ノラも同じパターンに入ってしまったようです。昼に見ると、「暑いよ~。食欲ねえよ~。でもなんかおくれ」みたいな顔をしていて、じゃあってんでエサ(私の手作り)をやると、半分しかくわない(夕方、結局、完食してましたけど)。ところが夕ご飯時期に灯りをつけると、もう顔つきが違う。

 門のところのコンクリの段に顎を乗っけて寝るのが、最近の彼のスタイルなんだけど、玄関に灯りがついて、私が手をあげようものなら、もうダッシュでございますよ(さすがにネコだけあって、私以上に足音がしませんが。さすがに四つ足でございます。体重の分散という面では、二本足の私よりは上手なようでございます)。

 で、がふっ、がふっと食っちゃいました。ま、最近、どうみても野良の顔つきじゃあないんで、ちょいと心配ですけどね。「君子之交淡如水」って言うじゃないですか。ここ数年、私が大っ嫌いになった荘子の言葉ですけどね(真剣に原典を・・・もちろん中国語で・・・読み直したのが、大っ嫌いになった理由ですけどね。荘子という人の人間性を疑うような記述に、けっこう気がつきましたから。こいつはええかっこしいだ、そう気がついた瞬間から、本をぶつけてやろうかと思いましたよ。本に罪はないので、ぶつけはしませんでしたが・・・笑)。

 私はどちらかというと、お付き合いを始めると、どんどん密になっていく人なので、別れるのがとても辛いんですね。それは対人だけではなくて、生きとし生けるもの(蚊となナメクジとかムカデは除く)どころか、風景や雰囲気なんかもそうなんですね。で、TV版松田優作さんの『探偵物語』最終話、『ダウンタウン・ブルース』の「だから、もう友達は作らんと思って、この街に来たのに。なんだって簡単に殺ししまうんだよ」って台詞につながっちゃうんですよね。

 いや、優作さんのあのセリフは、私の心には強く響きましたね(友人を殺されたことは、幸い今のところございませんが)。私はけっこう原始「義」を重視する人なので、私があの立場なら、あんなもの(ダウンタウンブルース)ではすまないかも。そうならないように、気を付けて生きてますけどね。

 でも友達は大切だし、身の回りで生きてるものはみな大好きだし(蚊とナメクジとムカデは除く・・・笑)、別れは辛いし。で、もう飼い始めて我が家の水しかしらない魚やイモちゃんたちは別にして、あまり飼うものを増やすつもりはないんだよね(ちなみに、魚をのぞくと、下手をすると、私の余命と十二分に勝負できるような、長命な生物ばかり飼ってたりします。こうこいつらと、長生き競争の様相を呈してきましたけど・・・笑 絶対に最後の奴を見送るまでは、私が生き延びてやろうと思っていますが、魚はちょっと・・・ だってすでに何世代も・・・多い奴だと十数世代ではきかない・・・我が家で繁殖して生き延びているのもいますから。もうこうなったら、目指せ!不老長寿?・・・爆笑。そんなものがないことくらい、理科系なら誰だって知ってます)。

 急に暑くなってきたからなあ。ネコも本皮着てるくらいだから(脱ぐことは、たぶんできない。脱いだ時は、三味線の皮?)、けっこう暑いだろうね。ネコだって哺乳類だから、熱中症にはなるだろうし。今はみんな、夏に適応しなきゃならない時期なので、妙な疲れ方をしたり、身体がだるかったりするんだよね。

 で、無理はしないで、気持ちよい時に動く、となるので、私の睡眠時間が短くなるわけ(この選択は正しいのかなあ? 先日ノラに「オレは寝るのが遅いんだから、朝早くから起こしに来るな」と、くどくどと説教して、なぜかしらノラがそれから起こさなくなって、最近ではノラの方で私の生活に合わせているような気配が感じられるんだけど、より野生に近いノラの行動を信じるべきなのだろうか。ま、私のは如意ではなくて恣意なんだろうけどね。自分の要求に合わせて生きるくらいしかできないもの。

 ま、生きているものが傍にいるのを感じるのは、よいことだ。今朝、今年最初の黄色のスイレンが咲いた。(白はすでに咲いております。蕾もいくつも出ております)葉っぱの間から、チョウセンブナがエサをねだりに顔を出します。こいつらは、我が家しか知らないからなあ(もう何代目なんだろうね。慣れ切ってて、人を疑うことを知りません。ひしゃくで掬えば、自然に掬えたりして・・・絶対に野生になんか戻せません・・・笑)

2019年5月24日 (金)

暇人?

 いやあ、暑うございましたね! 

 そうでなくとも脳みそが煮えているところもってきて、この陽気じゃあ、もう思考停止?とはいうものの、昼には昼にできることをそれなりにやったので、夜は・・・と思ってたら、気持ちがよい気温に、気持ちよい風でございます。こりゃあ、今日も睡眠不足確定かな?(笑)まあ、子の刻参りならぬ、子の刻筋トレや子の刻站樁をやらかす(それも日常化している)人だから、今更睡眠不足云々すること自体、間違っているのかも知れないけど。

 TVなど見ない私には、実は明日トランプ米大統領が来日するなんて、すっかりお頭になかった。仲良しなのはとてもよいことだと思います。でも私的に一番思ったのは、「仲良しになるために、何をどうしたか」ですね。これについては安倍総理のお人柄と手腕の凄さを感じずにはおれません。他の人では、ここまでうまくいったのかどうか。

 ただ友人関係を続けるには、互いの努力が不可欠ですから、今後とも頑張っていただきたいものです(私にもかつて「尊敬できる人」が何人かおりましたが、そのうち何人かは、今では尊敬に値しない人に成り下がっておりますからね・・・私は、尊敬ってのは、その人を目指して自分が向上していく心を持つことだと思っているので、その人がクリアできてしまったら、尊敬ではなくて、昔尊敬していた人に変わってしまいますんで、なかなか尊敬され続けるのも容易ではございません)。

 ところがこれに便乗して、ほんのわずかでもよいから、立ち寄ってくれ、などと言った国があるようで。いったい何を考えておるのでしょうか。人は目的もない行動はやりません。ましてや利のない行動は、多忙を極めている人間はやらないものです。ほんのわずかでも立ち寄ってくれなどというのは、最初から「暇人」の発想でございますね。多忙な人は、そんなしょうもないやりかたはいたしませんから(私レベルでも、その程度のことはわかる)。

 では何故「暇人(肥満児ではない。ただ暇だからと、ものを食ってばかりいると、肥満児にもなれるかも・・・笑)」なのか。それは簡単! やるべきことをやっていないからではないでしょうか。人間、ただ生きてるだけでも、けっこう忙しいものですからね、やることをきっちりやってれば。やることをやらなければ、当然、やるべきことに当てるはずの時間が空きますから、暇が生じます。するとなれるんですね、暇人に(笑)。

 普通は責任ある地位につくと、外部から予定がどんどん入ってきて、自分の思うように時間調整ができなくなるものですが、時間調整ができるようになるだけで、人はかなりの自由を感じるものです(その結果、寝る時間が無くなったとしても・・・健康にはよくありませんが・・・笑)。ま、私なんかだと、暇ができたら、練習ばかりしていたいですね、あ、そうそう釣りにも行きたいけど、釣りって、けっこう稽古と通じる部分があるからなあ。ま、歩いてても稽古になる人なんで、そのあたりは、暇さえあれば24時間、稽古(? さすがにそこまではまだ行ってない。早くそうなりたいものですが)してたいですね。

 なかなか人間、暇を持て余せるようにはなれないようで(貧乏性なのかなあ?)、今晩もこれから気合を入れてデスクワーク。煮え詰まったら稽古ですわ。でももしかしたらこんな時間を持ててることが幸せなのかも。

2019年5月23日 (木)

我が家の専守防衛!

 とうとうこの季節がきやがりましたね(笑)、極小飛行(非行?)吸血昆虫が出現する季節でございます。そう、あの「ウェ~ン」とかいう羽音を響かせる奴(ちなみに中国では蚊のことを「wenzi(ウェンツ)」と申します。もろ羽音なんで、よく感じを捉えているなと思います)でございます。

 こいつはなんたってしつっこい。仲間が殺されようが、嘴を半分にされようが、羽をハエと同じように2枚にされようが、羽の長さを半分にされようが(なんとも細工が細かいなあ・・・ 私の蚊に対する恨みは、生まれてこのかたなので、かなり深い。毎年生まれて歯死んでいく奴らに比べれば、何十倍も深い)自分が殺されるまで、ただひたすら血が欲しいとばかりにやってきやがります。どんな手段でもいい、金が欲しいなんてしつっこい存在も、わが国の周辺にございますが、なんとなく・・・・・・

 こいつは血を吸うだけではございません。刺されると痒い。何をしてても集中力がなくなります。昔は(今もだが)伝染病を媒介するものとして、わが国でも大勢死者が出たこともあると言います。こういうこちらに害をなす存在に対しては、断固防衛しなければなりません。当然、発見し次第、敵が攻撃態勢に入っているかどうかとは関係なく、迎撃いたします。もうその存在が邪悪なわけですから(笑う気になれない季節がもうすぐだ)。

「お前がおったら、こっちが落ち着けんのじゃいっ‼」 理由はそれだけで十分でございます。相手はこちらに危害を加えることしか考えていないのだから。間違っても「話せばわかる」状態ではございません。最初から「話にならない」のはわかっているわけですからね。(憎たらしい奴のほっぺにでもとまっていようものならこれ幸い、力いっぱい・・・なんてことはやりません。どこかのwenさんに対してならわかりませんが・・・笑)

 ですからこちらの対応も、苛烈になります。最初は丁寧に、一匹ずつ手で叩き殺していたのが、途中から殺虫剤に、さらには殺虫効果のある道具へと防御手段が進んでいきます。昼間、奴らが潜んでいそうな場所は(草むらなど)、草を刈り取ります。こやつらに棲み家は必要ありません。さらに水溜りに、こやつらの幼生(いわゆるボーフラ)がいると、我が家の場合には、環境保全の立場から、ボーフラをご馳走とみなす魚を投入いたします。

 完璧な敵基地攻撃、あよび敵兵養成場の破壊でございますな。おかげで我が家に水溜りはそこいらじゅうにございますが、ボーフラはおりません。ではどこから蚊がやってくるのか?ご近所様までそういった防御はやっていないだろうし、住宅地は増えても、まだまだ田舎の名残の水溜りがあるからなあ。

 周辺の環境改善にまで手を伸ばすと、仕事以外に膨大な作業となり、たぶん私がもたなくなるので、しょうがないから、我が家の敷地内に限定して、作戦を遂行しております。

 専守防衛の本当の姿は、こういうのではないかなあと、私は個人的に考えております。まずは蚊に対する鉄壁の防御。次は敵基地に対する攻撃。さらには敵の軍需産業(兵士養成も含む)の破壊でございますな。ここまでやっても、まだ蚊を絶滅させることはできませんが、それでもやらないよりはよいのではないかと思います。

 ちなみに屋外でボウフラを食べて大きくなったグッピーの美しさは、ちょっと筆舌に尽くしがたいものがございます。これは我が家の専守防衛の副産物とでも言えそうです(笑)。

 今年もきれいなグッピー、たくさん作るぞ~っ‼

2019年5月22日 (水)

なんと過ごしやすい夜なんだ!

 いやあ、なんと過ごしやすい夜なんでございましょうか。先日までの狂ったような天気が嘘のようでございます(これで、今晩の睡眠不足も、キマリ?)。こんないい時候に仕事しなきゃ(稽古も)、罰があたります(笑)。

 この罰が当たるという発想は、墨家思想が原点なんじゃないかと思いますが(手抜きや横着、インチキをしてると罰が当たると、墨子は言いました。彼は、罰が当たって病気になるとも言ったのですが、人は年を取ると、どうしても免疫が低下しますから、病気になりがちになります。で、年を取った墨子が病気になったとき、弟子に「お師匠様・・・墨家では鉅子と言いました・・・は、何か悪いことをして、上天から罰を与えられたのでございますか?」と訊かれ、墨子は返事をしなかったと言われています。返事、できねえわなあ・・・笑)、まあ大昔の思想家は、いろいろと考えたんでしょう、きっと。

 防衛体力ってのは、運動する上での体力とは必ずしも関係がございません。筋骨たくましいスポーツマンでも(けっこうトップレベルの選手は、自分の限界を超えるくらいまで追い込んでますからね。免疫が低下することがあります)、病気にはかかります。年を取れば、運動面での体力も落ちますが、当然のように、防衛体力も落ちます。生き物はすべて、生、旺、亡のサイクルから逃れることはできませんから、それぞれの年代に適した暮らしようが大切だと思います。

 ちなみに私は、無理がきく年頃は、適度に無理をして、回復力を高めていくのも、よいのではないかと思いますが、無理がきかない年頃になれば、あまり無理をせず、気持ちよいくらいのところで止めておくのが賢い生き方ではないかと思います。もともと無理というくらいで、理はないからね(笑)。ただ、世の中、理があることばかりではないので、ある程度はそれに対応できなきゃなりませんが。でも、無理が当たり前になってはいけないと思います。

 無理してても、「今、オレは無理している」と、明確に認識してやっていなければなりません。で、一切ついたら、遠慮なく休む。無理をさせた心身には、それにふさわしい休息が必要だと、私は思います。でもねえ、人間社会なんてなかなかうまくいかないもんで、若い頃無理をしたことがない人が上司になったりすると、部下に滅茶苦茶無理を強いたりしますね。

 こういう上司に出会ったら、子の刻参り?(怖~ぁ。でも時間帯がすでに無理してる時間帯です。ましてや人に見られてはいけないそうなので、なかなか難しいですよ。人を呪えば穴二つ・・・相手と自分の墓穴・・・などと言われているので、やらない方が無難でしょう・・・笑)でもするしかございません。

 私の大学時代のある先生は、若い頃に「子の刻参り」を目撃したことがあったそうです。先述のように、他人に見られると、呪いは成就しないんだそうですが、この時はその子の刻参りをしていた人(若い女性だったのだそうです)が、にた~って笑ったそうで、それはもう怖かったそうですよ。あ~、打ってるだけで怖いわ!

 ま、できるだけそんな気持ちにならないで済むような人生でありたいものですね。そのためには、きちんと自分のなすべきことをやって、あまり人様に迷惑をかけないで生きるのがよろしいのではないかと思います。

 今日は怪談にはちょっと早かったのですが、打っているうちに、なんとなくこんな話になっちゃった(笑)。

 さあて筋トレやってから(私は子の刻には、筋トレやったり站樁やってたりすることが多いので、子の刻参りなどしている暇はありません・・・笑)、今日のデスクワークの仕上げ取り掛かるぞ~。

 今日はとても涼しく、気持ちの良い夜だ!

2019年5月21日 (火)

お天気屋さん

 ほら、昨日言った通りでしょ、今日は風が止むって。四日も五日も吹きまくって、いつになったら止むのかと思ってたけど、こちらの我慢の限界が来る頃には、なんとなく終わるような気がしてたんだよね。おかげで、無事、庭木の消毒(害虫除け)は完了いたしました。よかった、よかった(Oさん、お世話になりました~っ!)。

 夕方はSっちゃんが来てくれて、お仕事のお話。まあいろいろと忙しく、小人閑居して不善を成すには至れませんでした。悪い事をしようたって、時間がないもの。時間がなければ悪行も、善行もできません!(笑) ただ目の前のことをこなすだけで、精一杯でございます。で、さすがに大型の寒冷前線が通過したあとらしく、けっこう涼しいんだよね。

 この後、まだ今日のトレーニングが終わってないから、厚着はしないけど(どうせ体温上がるし。きっと私の健康法の最良のものの一つに、一日に何度か、体温をかなりあげるってのがあると思います。これから先は暑い季節なんだけど、真冬でも平気で汗かいてるからね。一日に一度は、身体機能を最大限に吹かしてあげましょう・・・お酒が旨いし・・・未成年はダメですよ・・・笑)。

 あとデスクワークがちょこっと残ってるかな。いつものことを思えば、気分的に楽な量でございます(こういうときは、えてして横着をやらかしてしまいます。きっと気分が緩むんでしょう)。

 とはいうものの、やはり今年もおかしな天気らしく、集中豪雨に見舞われたところがあるらしい(私はTVを見ない人なので、詳しいことは知りませんが)。やっぱりどこか狂い始めておりますね。あの風だけでも、正気ではないなと思いましたもん(自然界の正気がどのようなものか、よくは知りませんが。ただ自然界は突然、ド外れた状態になることは、わりと知っている方だと思います)。

 一つのことからいろんなことが見えるようになれば、古代のシャーマンになれます(なりたくねえけど)。生き物飼ってるんで、そういうの、けっこう敏感になりますよ。(鈍感だったのは、今日はノラでしたが。庭木の消毒をするので、「どこかに避難しろ」と再三行ってたのに、いつも通り横柄にしていて、腰を抜かしたみたい。

 で「すべてはお前が悪い」てな顔で、私を見るんですよ。最近は家賃も払わないで、すべてのエサを私に依存しているのに。そんなこと思ったら、どこかの国と同じになっちゃうよと言っても、ロバート・A.ハインラインの名作『夏への扉』の護民官ペトロニウスみたく、すべては私の責任ってことになってしまうようです。ビビるくらいなら、最初から用心深く生きろと言いたいところですが。ま、ネコに何言っても、しょうがない。今日は大ご馳走を食べさせてあげたんですけどね。

 ま、物事に横柄な奴ほど、相手が強大だったら、卑屈になるものなんですけど。

 天気予報によると、明日はよい天気なんだそうです(しかも乾燥するんだって!)。さあ今晩はサクサクっと仕事済ませて、トレーニングヤッテ、汗みどろの服を洗濯しようっと。「晴耕雨読」ではなくて「晴洗雨籠」だね(笑)。

2019年5月20日 (月)

ほどほど

 風は4日間以上にわたって吹き荒れやがりましたが、ようやく雨が降りだすと、風は弱まりました(台風並みの吹き方だったよ。台風なら、そんなに何日も続かないのに、ええ加減にせいっ!と思うくらい吹きました)。で、この雨は寒冷前線に伴う雨のはずで、降りだす前から気温が下がりましたんで、明日の午前中には上がるんではないかと思っております(これでようやく、庭木の消毒ができる?)。

 夕方、久しぶりに事務局長N氏と長話をしました。もう長年のお付き合いで、戦友でございますから、話してるだけで安心しちゃうんだけどね。(その頃から雨が降りだした。それまではアホみたいに風ばかりが吹いていた。風もほどほどに吹くのなら可愛げがあるんだけど、あまり強いのが吹くと、え~かげんにせえよと思ってしまう。いかに風と水の対流が地球の温度を平均化する上で大きな働きをしているとは言っても、今までこんなに吹かんかっただろ?と言いたくなってしまう)

 N氏と何を話したか? ネコネタで盛り上がっておりました(笑)。帰宅すると、ネタの一部だったノラが、案の定のところで、案の定の恰好をして待っておりました。先を読まれるようになっちゃあ、ネコもお終いだ。で、その時はまだ「雨が降っても、水やりをせんでいいほど降りそうもない」と思って、水やりをしたんだよね。そしたら本気で降りだすんだもの。今まで4日以上も吹き続けたのは、ただの前フリ? まあ昨年のようなアホな降り方は御免蒙りたいもんです。物事には「ほどほど」ってもんがあって、それを超えると嫌われますからね。良いことも悪いことも。

 何事も「腹八分目、医者いらず」ってことではないかと思います。どんな好きなものでも、食べ過ぎれば胸やけがしたり、お腹が痛くなったりいたしますし、どんな好きな映画でも10回見たら、さすがに飽き始めます。私は普段睡眠不足で、そのために寝るのが大好きですが、睡眠時間を十分にとるのも1週間あたりから「いや、多少睡眠不足の方が、頭が冴える」なんてことを思い始めます。今日なんて好きな歌手(みゆきさんではない)を繰り返し聞いてて、最後は気分悪くなったし。

 これってきっと、ココロのどこかがバランスを取っているんじゃないかと思います。「お前なあ、そんなにもずっぽり、そこに浸ってていいのか?」って。これはお茶にしてもコーヒーにしても(お酒はどうやら例外らしく、毎日大好きです・・・笑)同じらしく、何日かで変えないともちません(お茶は今でも10種類以上持ってますし。気分によっては茶器も変えます)。

 好きであり続けるには、ある程度(「ほどほど」が必要ですが)変化しないといけません。これは人だけでなく、(いろんな生き物を飼ってますが)ほとんどのものに共通するんではないかと思います。だから人と知り合っても、こちらも変化いたしますが、相手にもある程度(「ほどほど」が大切ですが・・・笑)変化していただきたく思います。

 かく言う私にも、若い頃には「尊敬した先輩」ってのがいました。でもねえ、伸びないんだよね。そうするといつの間にか、尊敬の念が消えてっちゃった。やな部分も見えてくるし。

 変化って大切だと思いますよ。もちろん「ほどほど」も必要ですが(笑)。

2019年5月19日 (日)

聞いてやんない!

 いや、めちゃくそ眠い。井上尚弥選手の試合映像を見て、「すげえなあ」と思っても、眠いものは眠い。次の対戦相手の、ノニト・ドネア選手の凄いKOシーンを見ても、眠さは止まない。こういう時は寝るしかない(ところが、寝ても眠い。どこかが壊れたんではないかと思う。ま、睡眠不足が延々と続いていたから、仕方がないか)

 今日も相変わらず、気が狂っているのではないかと思うような風である。なんでこんなに強風が吹くのかと言えば、気圧の差が大きいからだ。なんで気圧の差が大きくなるのかというと、下降気流と上昇気流の差が大きいからだ。ではなんで下降気流と上昇気流が強くなるのかと言うと、温度差が大きいからだ。そういえばこの春、暑い日が来たかと思うと、次の日はやたらと寒かったりしたよね。この地球も、どこか壊れたんじゃないかと思うね。

 まあ人間の社会でも、どう考えても、ネジが1~2本どころか、百本単位で吹っ飛んだような奴が、指導者をやってたりするから、何もかもが狂いだしてるのかも知れないけどね。狂ってしまった奴(人だけでなく自然も含めて)を相手にするときは、相手に遠慮してはならないと、私は思うのだが、意思疎通ができないのを相手にしたときは、取りあえず「自分を立てる」ことが重要ではないかと思う。

 たとえば蚊がブーンと飛んで来たら、蚊の都合を考えますか? 考える前に私なら叩き潰す。夕立や台風が激しければ、相手の事情など考えず、取りあえず自分を安全な状態にする。サメに襲われたら、とにかく逃げる(幸いに、まだサメに襲われた経験はございませんが。今後も経験したくありません・・・笑)。なぜか?話が通じないものを相手にしたら、話などする暇があったら、まずは自分を安全にする。

 こちらが話を聞いてやると、調子に乗るバカタレがいるからね。こういうのは、話を聞いてあげない。

 昔、いろいろと悩み事があるらしい人と話をしたことがある。悩み事を聞いてあげようとしたら、「話したくない」と言われた。私はあまり気が長い方ではないので、「あ、そ。なら聞いてあげない。死んでも聞いてやらんからな」とお返しして放っておいた。すると面白いもので、今度はいかにも話を聞いてほしそうな顔して近づいてきやがんの。甘えてたんだろね、きっと。

 残念なことに私は、一度口にすると、なかなか曲げない。ずうっと話を聞いてあげなかったら、どこかに行っちゃった。今はどこで生きてんのか野垂れ死にしてんのか知らない。赤の他人に甘えられなきゃならない理由はない。私は私の人生で十分しんどいのだ(これは誰でも同じだろうと思う)。自分のやりたいこと、やらなきゃならないことが、全然満足できるところまでできていないのだ。ひとさまのことどころではない。

 もちろん、人は一人で生きてるわけではない。助け合って生きてると思うから、最初は優しくしようと思ったんだけどね。話を通じさせようとしても、通じないモノには、話はしない。それは相手が人間であろうが、自然であろうが、同じことだ。

 荀子は「自然は人間の意思などとは無関係に動く」と言っている。私もそうだと思う。だから私の一生で、「テルテル坊主」を作ったのは、幼稚園の時だったかに1回きりである(幼稚園の先生が、「作りましょう」というから作った。御利益があったかどうかは記憶にない)。何をしようと、降る雨は降る。降らない雨は降らない。

 だから荀子は、「為政者が徳があろうと、天災が来る時には来る」と言っている。その通りでございますね。もちろん有徳の為政者であれば、災害救助に動くのは素早いだろうけど。暴君の為政者なら、天災が来なくても、民衆は虐げられるだけのことで。

 私は儒学は嫌いだが、荀子だけはある程度評価している。

 それにしても、ああ、眠い。眠いと、妙なことばかり考える。今日こそ早く寝よう(と言いながら、また遅くなるんだろうなあ・・・)

 昨夜がありがとうございました。楽しかった(美味しかった!)です。またよろしく。・・・来月の『〇〇を語る会』は、たぶん15日になると思います。この会では「聞いてやんない!」なんてことは、一言も言いませんよ、私は。なんせ、みんないい人ばかりだから。

2019年5月18日 (土)

腐った天気?

 何が嬉しいのかこのクソ天気、いつまで風が吹きまくれば気がすむのか。風はせいぜい三月、四月のアタマでお終いだろうに。低気圧の数字を見て、今年も穏やかではなさそうな予感がする。岡山は比較的災害が少なかったので、いまだに昨年の豪雨被害の修復ができていない(箇所もたくさんあるぞ。特に一歩山に入ったりすると、なかなか悲惨な有様だ)。このうえ、昨年クラスの大雨でも降ったら、どういうことになるのかね?

 昨年の件でも、天災は土日祭日を選ばないが、役所の人はきっちり休んでいたからね(これはまあ、お仕事だから仕方がないっちゃ、仕方がないかも。お役人さんは規則で動くから、そういう決まりを作っとかなきゃ、動かないわな)。特に昨年のは土曜が酷かったから、大変だったみたい。今年は何か手を打ってるの? それともスマホで警報を出して騒ぐだけ? 政治家の「本気度」が問われるってえのは、こういうことを言うんじゃなかろうか。(昨年は七夕の日だったっけね? 絶対に織姫と彦星は、逢えてませんって)

 ということで、このヤケクソ?な風にも、日本の気候が変わってしまっているのを感じる(ずっと前から感じてましたけど。生息している昆虫や獣、鳥、魚などを見ても、けっこう変化しているよ。幸か不幸か私は、ガキの頃からこういった生き物を相手にするのが好きな子だったからね)。屁理屈しかいわない政治家さんは要りません。実際に人々のために動いてくれる政治家さんを歓迎いたします。(防災設備の補充費用を削りまくった、何重国籍だかわからん国会議員など、今の日本には不要です。日本は災害が多いのは、最初からわかっているんだから、防災の準備は、何をおいてもしておくべきなのです。この人のために使っている税金を、防災に回してくださいな!)

 ということで、今日は少し鳥の動きがおかしかった。集団でおかしなことをしているわけではないから、大災害ってわけでもなさそうだけど(風がきついだけでも、鳥には災難だろうなあ。何年前だったか、冬の厳しい季節風に逆らって飛ぶカラスを見た。私は車に乗ってたから前進してたけど、カラスは必死で飛んでいるのに、前進してるようには見えなかった。海で遠泳した時に、似た経験があります。潮の流れのせいで、1時間一所懸命泳いで、100mも前進してなかった。あれは疲れましたね。風景が変わんないんだもの)。

 ま、鳥もけっこう迷惑な奴がいるので、すべてを「可愛い」などとは思いませんが、自然界の変化を見る指標にはなります。ということで、最近さすがに湿度が上がってまいりました。梅雨が近いのかねえ。やだやだ、雨降り続きは(たまの雨降りは歓迎することもあるけど)。気分が塞いでいけませんや。

 やたらとカタツムリやらナメクジやらが出てきて、気持ち悪いったらありゃしない。中でもカタツムリは、どうしてあんなに「人間の通り道」に出てくるんだろうね。歩いててべちゃって潰れるの、あまり気持ちのよいもんじゃない。我が家の庭にも、確認しただけで3種類ぐらいはいたと思うけど、どの子も好きになれません(殻つきナメクジだからね。ちなみに私が地上で最も嫌いな生き物は、ナメクジでございます)。

 貝も水中に生息する奴は、まあまあ好きなんだけど(食べるのが・・・笑)、陸生のは好きになれませんね。でももうすぐ、陸生貝が跋扈する季節になります。ああ、気が重っ!

 憂さ晴らしに、今日はしっかりと呑みます(笑)。何かしら理由をつけて、呑んでばっかです(爆笑)

2019年5月17日 (金)

サクラん、サクラん、錯乱・・・・・・

 いやあ、魔の金曜日(毎週金曜日は、私にとっては、かなりきつい日です。好きなことをやった翌日なので、不満ではありませんが)が、どうにか無事に終わりそうです(まだ終わってないけど)。 今日はかなり長距離を運転したけど、帰路はもう眠気との戦いでございました。(半分以上、正気でなかったような・・・ でも最近多い、わけのわからん交通事故は、絶対に起こしたくないので、ほっぺを引っ叩きながら頑張りました・・・ひっぱたくことの最大の弱点は、それで気を失うかも知れない事ですが・・・笑)

 で家の近所のスーパーマーケットまでたどりついたところで、もう20年越しくらいになるかなあ、知り合いのKさんとばったり会って、ちょこっと挨拶したら、おかげで目が覚めました(ありがたいものです、古くからの知人は)。で帰宅して車庫に車を入れていると、どうも見たことがある車が車庫の前を通過したような気がして、ノラに挨拶してからスマホを見るとSっちゃんから電話が入っておりました。Sっちゃんが家の前を通り過ぎたんだね。

 でSっちゃんの車に乗せてってもらって、郵便局で、大切な大切な友人、Nさんの奥様から、だいぶ前に私が欲しがっていたものを送っていただいてたのを受け取り、そのまま喫茶店へGO! そこから帰宅後、ノラ(我が家の門から玄関は、彼が支配しているような気が・・・)に詫びを入れながら、慌ててノラに賄賂とばかりに、大好物を料理(下ごしらえは、昨夜やっていた! 気を使うこと甚だしい・・・ 人間のプライドはないのか? とは思いますが、我が家にはヒトと他の生き物・・・雑草と、昆虫、特に蚊は除く・・・の生命に貴賤はないので)した。

 アツアツを出してあげたのだが、なんとノラはこれを食べる。絶対にこいつは(ネコなのに)猫舌は卒業してるぞ! 他のネコには真似ができないんじゃないか。で、袖の下を渡したので、私は家の中に入ることを許可された(入らせてはくれるけど、袖の下を渡してないと、煩い)。

 でこういう日に限ってCHATがなかなか賑やかで(これを打ちながらも、日本語以外の言葉でやりとりしている。おかげで日本語になっているのかどうか、若干自信がない・・・いつものことだけど、どちらの言葉も正常ではなかったりして・・・笑ってごまかす)、前に進まないではないか。

 ということで、今日こそは早く寝るぞ~っ!(こういう日に限って、延長戦にもつれ込むのが、いつものパターンですが)。頭があんまりふらふらするので、万が一を思って血圧を測ったが、見事に正常。考えられる原因は、睡眠不足以外ないもん。昼が長くなって、朝が早く来るので、早く寝ないといけませんね。本来よゐ子は、午後9時には寝るべきなんです!(絶対に無理だけど。まあ私はよゐ子ではないので、9時は関係ないけど)

 などと言いながら、また日本語以外でやり取りしながら打っております(あ~、頭が錯乱する。これ、酔ってるからできるんだよね、きっと。素面だったら、もう頭パンク状態ですよ)。でも、人さまから相手にされているうちが華なので、もうちょっと(たぶん50年くらい)頑張ります(笑)。

※ 今月の『〇〇を語る会』は明日18日でございます。よろしくお願いいたします。

«Que sera sera