2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ジビエ | トップページ | 弘法筆を選ばず、私は筆を選ぶ »

2017年3月 6日 (月)

放置主義

 目が、目が~~っ! とやったらラピュタのムスカ大佐になってしまうが、目が痒い。とうとう目まできちゃいましたよ。もっとも今日は山がかなり白かったからね。黄砂がばんばん飛んできてるんだろうな。(どこかの国の放置のおかげで!)

 昨年のこの時期は、死ぬのではないかと思うくらい咳き込んでおりまして(お医者さんでは「喘息では?」とまで言われる始末。そうでなくても人生の荷物は軽くないのに、これ以上錘は要りませんわいな。昨年は一度、完璧に意識を失うほど咳き込んだ。自分の机で仕事中…夜間…意識がなくなって、気がついたら床の上で、おでこに立派なたん瘤ができていた)、その経験から、今年はかなり自重しながら暮らしているので、昨年に比べれば、今のところかなり楽にやり過ごしております。

 幸い、窮すれば通ずで、今年の花粉症対策には、いくつも新案を採用しまして、かなり奏功しているみたい。人間、死にそうになると名案が浮かぶようでございます。追い込まれなきゃダメなのかなあ。(けっこう毎日、自分で自分を追い込んでるんですけどね)

 先日、水替え中に、魚の餌(顆粒)をひっくり返して、もう薄暗くなっていたので、そとに捨てちゃったのね(だいたい、巨大な袋で購入したのを小分けしているから、少しぐらい、どうってことはないんだけど)。少しとはいっても、こんもり盛り上がるくらいはあったんだけど、夕方になると確実に減っております。

 どうやら小鳥が来て食べているみたい。その中に旅の途中のツグミ(しばらくこのあたりで一休みしてから、北に帰っていくみたい)がいたので、「まあ、しっかり食べて、日本海を渡る体力をつけてください」と声を掛けたら、逃げちゃった。言葉が通じない奴は、相手にするのが難しい。

 特別に面倒を見てあげなくても、何かしら「仕掛けて」おいてあげれば、後はそれぞれが好きにしていくようだから、後腐れがなくて、こちらとしても気が楽だ。ということで、似たようなものがあるのを思い出した。植物でございます。

 どうせ私のようなド素人が植えるんだから、難しい技術が必要なものは植えない(うまくいかないと腹が立つし)。植えてさえいれば、勝手に生育して、それだけでなくて、近い将来、こちらが食べることができるものだ。(食い気優先が私の今の生活だ)

 とことん横着を決め込んで、こんどはベランダに栽培の準備を始めた。遠からずサラダくらいは、私の部屋から手を伸ばせばできるようになる? なにしろ植えたらあとは気が向いた時にほんのちょっと世話をするだけ(こちらにとっては、気分転換。実は最初これを考えたきっかけが、すでに気分転換が目的だった。一挙両得とはこのことだ)の放置プレイである。それで育った頃には、私の胃袋に納まるんだから、こちらの都合最優先だ。自分勝手とか利己主義とか、植物からは文句を言われそうだが、大変残念なことに、私には植物の言葉がわからない。

 わからないから幸せなことって、世の中にはいっぱいあるわけで、もしもサラダを食べている時、「痛いよ~」と」叫ぶ植物の声が聞こえでもしたら、これはもう立派な恐怖でございます(同じことは、多くの生鮮食品および、調理中にも言えることでございます)。怪談の類ですな。

 最近では、わが国の近隣の国でも、やれ法治国家だの人治国家だのと、難しいことを言っているようですが、我が家を支配しているのは放置でございまして、強いて呼ぶならば「放置国家」かな?

 もっとも人間の場合には「放置」は必ずしもいい方に結果が向かないようですが、我が家は「放置」が、いい結果に向くように仕向けておりますから、私はのんべんだらりと、植えてから適当な期間を過ごしたり、忘れていればいいだけなんですよね。

 ま、私の場合は、いちゃもんつけられても「放置」するかも知れないけど(忙しくて忘れていることが少なくない。忘れていなければ専守防衛!)、放置しているうちに、勝手に自滅する奴は自滅していたりして、勝手に問題の方で解決してくれていることも少なくはございません。

 ま、我が家での放置は(いつでも、何事でもとは言いませんが)、最後は「美味しい」で終わることが多いので、私は我が家を放置主義でやっております、はい。

 ま、無為自然の類かな?

« ジビエ | トップページ | 弘法筆を選ばず、私は筆を選ぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147337/69832672

この記事へのトラックバック一覧です: 放置主義:

« ジビエ | トップページ | 弘法筆を選ばず、私は筆を選ぶ »