2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 共存共栄 | トップページ | いなくなると、わかる »

2017年3月 2日 (木)

春二番?

 私の住んでいる地方では、本格的に春○番と思しき強風が吹いた。先日、地方局で、春一番が吹いたと言っていたので、さしずめ春二番か?(私の知らない時に、すでに吹いている可能性があるので、あくまで「?」付きで。

 お蔭さまで、小雨がちらついたこともあったようだが(南側のガラス窓に、水滴がちらほら)、今のところ天気は大崩れもせず、「天気予報が、よい方に外れた」というパターンになったようだ(大歓迎!)。

 なんでも予想したより良い方にずれると、なんとなく儲けた気になる。実際には大して儲けておらず、懐具合には何の変化もなかったりするのだが(現実には、気分が軽くなって、お金を使ってしまい、懐具合が厳しくなっていることもしばしば)、人間という生き物は感情の生き物と言われるくらいで、幸せな気分がわずかでも味わえるのだから、お手軽な幸せだ。

 では予想が常に「良い方に外れる」ように仕向けるために、最悪のことばかりを予想していたらどうだろうか。これがまた厄介で、何もやる気がしなくなる。生きていることすらたいぎになる。ある程度までは、夢や希望が持てる予想でなければ、まず気持ちが萎える。楽天的でないと人生がつらくなるのは、致し方ない。

 楽天的にならない方法は簡単だ。人間は生まれてきた以上、必ずいつかは死ぬ。だから「どうせ何をやっても、人はいつかは死ぬんだ。死ぬ時は苦しいだろうな。寂しいだろうな。哀しいだろうな」と力いっぱい思い込めば、いくらでもやる気はなくなる。さらに自分がしなければならないことについて、いつも最悪の展開ばかりをイメージしていれば、これはもう何かをしない方がまだまし、って気分になれる。

 逆に、どうせ死ぬんだから、生きてる時に楽しまなきゃと、現生を全面肯定して、何をやっても「まず楽しむ」とこばかりを考えていれば、きっと幸せかもしれない。その時だけは。ところが現実ってのは恐ろしいもので、必ず足をひっかけたり、救い上げたり、落とし穴に嵌めてくれたりする。

 それでもその境遇を楽しめれば、これはもう完全に解脱しているのかも知れないけれど、なかなか人間、そこまでの境地には至れない(至っている人がいるかもしれないが、少なくとも私には無理)。

 こんな人と一緒に仕事をすると、ずいぶん疲れる。なんたって、どんな失敗をしても「なんとかなるさ」。そりゃあんたはいいでしょ。自分が失敗しても、誰かが何とかしてくれると思えるんだから。でも何とかするために、必死になっている人の苦労は、きっと知らないんだろうね(知っても、「それも幸せ」と笑われたら、気分次第では激怒する。激怒したこちらを見て、「怒れるのも生きてるからだ。幸せだろう」なんて原因を作った本人から言われたら、私なら間違いなく絶交だ)。

 だから人間、ほどほどに楽観的で、ほどほどに悲観的でないといけないんだね。悲観的だったり、心配性の人は、物事に対して万全の準備をしようとするから。でも実行にあたっては、楽観的な方がいいかも知れない。(あくまで完璧に準備ができているという前提で)

 実は私は「超」がつく辛党だったけど、最近は「ほどほどの辛さ」を好むようになった。また昔は甘いものを食べると頭痛が起きるくらいだったけど、最近ではそこそこ甘いものは食べるようになった。

 なんでも「ほどほど」が必要なんだろうね。だから春○番が、ほどほどの暖かさを運んできてくれるのは、有難い。ただし風の強さも「ほどほど」にしておいていただきたい。花粉ともなれば、これまたぜひともほどほどで勘弁していただけるとありがたい(昨夜、薬を飲み忘れ、途中で呼吸困難になって、睡眠不足)。花粉が全然なければ、それはそれで杉なんかが困るだろうから。

※ 今月の『○○を語る会』は、18日、と25日に分ける案が考えられております。年度末で、どなたも忙しいので(私は呑むのが好きなので、お金さえ続けば、何度でもやりたいですが…毎晩でも可)。

 先月の会の途中、OHKのインタビューに応えた私が出ていたのだそうですが、残念なことに私はきれいさっぱり忘れ去っていて(何かを始めると、他のことは脳裏から消える人なので)、見忘れてしまいました(翌週、行った時に、マスターと常連のOさんに指摘され、「あっ、忘れてた!」でした)。

 まあTV映りには圧倒的に自信がないので、見なくてよかったかも……

« 共存共栄 | トップページ | いなくなると、わかる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147337/69781638

この記事へのトラックバック一覧です: 春二番?:

« 共存共栄 | トップページ | いなくなると、わかる »