2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自分の理 | トップページ | 新たなドーピング »

2017年5月 5日 (金)

油断大敵!

 やれやれ、GWご苦労様である。GWなんかに計画を立てると(どこも予約がいっぱいだったりして)面倒くさいわ、(地域によっては)料金は値上がりしているわ(国外の場合、顕著である。また航空機運賃も同様だ)で、いいことも少しはあるけど、コスパはどう? と考えてみるとGWは家でおとなしく、あるいは休んでいる人の分も頑張っておいて、GW明けの人がしんどそうな顔をして仕事に向かっている時期に、ちょっと遅れた(自分だけの)GWにするって方法もある(私は断然こちらの方だ)。

 GWって黄金週間って意味でしょ? なら白銀週間(SW)とか、白金週間(PW)ってのがあってもよさそうだよね。もしかしたら銅週間(CW)ってのも必要かも? 今頃、高速なのに渋滞して、低速道路で苦労している人もいるんじゃないかなあ。本当にご苦労様です。くれぐれも事故等のないように、お気を付けくださいね。せっかくのGWが災厄週間(MW:Misfortune Week)になってしまわないように。そうでなくてもお金を使うことは多いと思うし(ニッポン経済の活性化という方向から見れば吉、個人個人の財布という観点から見れば必ずしも吉とばかりは……)。

 では私はというと、今日は庭の草取りをしてました(笑)。幸いなことにお金はかからず、普段投げやり(やり投げのやり状態。やりから見れば投げられるので、投げやりだ)に見えるはずなので、「おっ、今日はどうしたんだ?」と言われかねない状態でした(もちろん私のやること。これは抜いてはいけない、これは抜かないといけない。ええい、わからん! 抜くのや~めたっ!」という状態に陥るのに、さほど時間はかからなかったのですが(笑)。

 幸いなことに昨年枯らしてしまったと思っていたオダマキが、全然別の場所に生えてくれて、満開でした。母がよく「しずやしず しずのおだまき繰り返し、昔を今になすよしもがな:静御前」と教えてくれていたものなので、「もう、絶対に枯らすまい」と決心しながら、周囲には一切手を触れませんでした。(一番頂上の花はすでに咲き終わって、種子を作る準備をしていたので、今年はきちんと種子をとって、来年以降に増やす計画を立てなければなりません。我が家では保護された植物は、めちゃ殖えるのです。そして増えすぎると「殿乱心!」が起こって刈り取られたりするのですが、一番のわがまま者は私です、はい。わかってはいるんだけどね……)

 アイリスのそばの草を刈っていると、カラスアゲハが飛んでまいりました。毎年のことなんだけど(カラスアゲハは毎年世代交代していると思うので、私の顔は知らないと思うけど)、なんとなくほっといたします。今は思い出せないけど、それぞれの季節で、「いつもの顔」がみられて、その都度思い出すんだろうなあ。そうして知らない間にいくつも年月を重ねていって…… 気がついたら八百歳(八百比丘尼か? 私は女ではないけれど…。いろんなものを食ってはみたけれど、人魚の肉は食ったことないもん!)。八百まで生きたら、神通力が持てる? いやいや、ミイラになっているだけですよ。

 明日は? たぶん動きます。どこをどう動くかわかりませんが。車が向いた方向に走ると思います。今夜は少しはまじめに寝とかないとね。ガソリンはすでに満タン!

 さてさて、一時の国際関係の緊張は、知らない間にゆるんでいるんではないかと思うけれど、私は決して緩んではいけないと思うんですよ。「事を起こしたい人」は、人々の警戒が緩むのを待っているからね。

 たとえば野ネズミの穴の出口で待ち伏せしている猫なんかを観察していると、あくびをしたり、居眠りをしたりしているように見えるけれど(そりゃ、何時間も待つんだもん、無理はない)、一たびネズミが動いたら、一瞬で戦闘状態に入りますからね。これはほとんどの現代人が失った能力(状態?)ではないかと思いますね。

 いつなんどき、何が起こっても、最善が尽くせる状態でいなければ、と思います。これこそが長年、〇の世界に身を置いて得た、最も価値があるものではないかと思っております。隙がない生き方ってのは、窮地に陥らない生き方のことで、そのために必要なのは、どの瞬間でも「準備が完了した状態」でいるってことだと思いますね(気ばっかり使ってたんじゃ、長生きできそうにないけれど……)。

 ま、野生の世界では、たいていの動物は長生きできません。普通2年くらいで死んでしまうものでも、人間が飼うと20年くらい生きるものもいますから、人間が与える状態ってのは、生きるには大変にメリットがあるものなんだろうね、きっと(我が家にも、野生の寿命の十数倍生きている生き物は、ざらにいます。下手すると私のほうが彼らよりももたないかも……)。

 そして長生きすると、一般に野生で見かけるのとはまったく違う姿形に変身するものもいますから、不思議ですよね。何が本来の姿か、わからなくなっちゃいますよ!

 ちなみに今日は暖かで、新聞を見ると「花粉は少ない」ということだったので、マスクを取りました。やっぱり鼻水が出ちゃったよ(とはいうものの、一時に比べれば、はるかに軽症です!)。傷んだ粘膜は、すぐには回復しないんでしょうね、きっと。

 油断大敵、火がぼうぼう!

« 自分の理 | トップページ | 新たなドーピング »

コメント

お久しぶりです。
先日、三途の川の渡口の三歩手前まで行ってきました。残念ながら奪衣婆がまだ早いとのことで、追い返されました。ですので、もうしばらく娑婆に留まることになりました。
その後、自分の知っていることを人に教えることになりました。準備しているつもりでも、未熟さを痛感しています。他人に伝えることは難しいと実感しているところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147337/70476868

この記事へのトラックバック一覧です: 油断大敵!:

« 自分の理 | トップページ | 新たなドーピング »