2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 私の「飽き」対策 | トップページ | 梅雨の晴れ間? »

2018年6月 6日 (水)

母国語

 よっこいせっと。雨の中頑張りまして、亀くんの住居は95%完成いたしました。(もちろん他にもたくさんの用事をこなしましたが、これは生活する上で不可欠なもの。取り立ててここに載せるほどのものではありません) これで安心してブログ打って、残りの仕事やって、今日は安眠(たぶんその前に、かなししつっこい稽古をすると思いますが…笑)と思っていたら、チャットが始まってしまいまして、今も私の右隣り30㎝ほどのところで、スマホが文句を言ってます。

 手に取ってしまうと返信してしまうし。なかなか悩ましいところではあります。まあ瞬時にして、日本語が通用しない人との通信ができるようになったのは、大変な進歩だと思います(頭の中が混乱してしまいますが…何しろ「道」についての話なんかがおっぱじまってしまうから…笑)。

 物忘れは(忙しいから)するけど、ボケられそうにはありません(脳みそが爆発する危険性はありますが…笑)。そのうち、本当にプッツンしたりして(こうやって打っている間も、日本語でない通信が続々と入ってきておりまして、それを読みながらですから、支離滅裂になったらご勘弁!…っと言っても、いつも支離滅裂かも…笑)。

 なにしろ時差の関係で、あちらの方が日本よりも遅いから、こちらとしては当然のように睡眠不足になるわけで。まあこれも「国際化社会」の生んだ弊害ということで、笑って済ませましょう。時差ってのはつまるところ、どちらかが合わせるしかないからね。地球がだいたい24時間で西から東で自転している以上(止まったら大変だ!)仕方ないことでございます(笑)。

 そういえば十年以上昔になるかなあ。某空港で、当地在住の御老人(日本人)に、赤の他人らしい一人旅の、これまた当地在住のお子さん(一人旅。日本人)が、時差の説明を試みていた。私は思わず、「こら坊主…男の子でした… その御老人は、当然そんなことはご存じなのだよ」と思いましたが(当然、私からみればその説明は、不足な部分が多かったのだけれど)、無粋なことはいたしませんでした。微笑ましかったんだよね、なんとなく。第一その御老人が、ちっとも気分を害されていなかったし。

 人はこうやって、一所懸命背伸びして大きくなっていくんだろうなと、その時の私は思った。あの御老人(片足はご不自由でした)は今でもお元気なのだろうか。あの少年は、いい青年に成長しているだろうなと、今でも時々思い出します。見ず知らずの方だけどね、どちらも。

 今でも妙に記憶に残ってる。日本語から離れてしばらく経過して、かなり日本語ホームシックが起こっていた頃だから、空港で聞いた日本語の会話が、何よりも心地よかったし。(母国語の有難さがわかる瞬間ですね)

 かなり前になるけど、深夜(呑みすぎて…笑)TVをつけっぱなしにして寝ていたら、SMAPの歌がかかったことがある。この時は泥酔状態の爆睡なのに、ちゃんと起きちゃったからね。耳が日本語に反応して起こしてくれたんだね。母国語って、有難いと思ったよ。

 ということで、チャットの返信をしようかなどと思ってしまいましたが、まだまだ今日(日付は変わるけど、寝るまでは今日という認識)中に済まさないといけないことがあるので、そちらは二の次かな。

« 私の「飽き」対策 | トップページ | 梅雨の晴れ間? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147337/73635207

この記事へのトラックバック一覧です: 母国語:

« 私の「飽き」対策 | トップページ | 梅雨の晴れ間? »