2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 定員? | トップページ | 母国語 »

2018年6月 5日 (火)

私の「飽き」対策

 本格的に降り始めました。まあ中国地方も、梅雨入りしたもよう(「もよう」って何だ?しゃんとせいっ!…怒)と天気予報で言ってたので、雨がふるのもあたりまえの「もよう」でしょう。

 本日もラッキーなことに、本格的に降り始める前に、おんもでないとできないことはほぼ完了(忙しかったぁ)、後は部屋の中で雨宿り。明日は明日の風が(きっと)吹きます(笑)。

 我が家に来る(予定の)カメくんたちの住居も、8割がた完成いたしました。しばらく水替えをしていなかった魚たちの水槽のメンテの傍ら、同時進行でやっちゃいました。たぶんこれでOKのはずなので、後は微調整するだけかな。

 カメの習性上、取りあえず朝日が当たるけど、昼以降は日陰…木陰?…になるようにいたしました。後は陸地の設定でございます。水替えが楽にできるようにしておかないと、長期間の飼育は難しくなります。

 カメに限りませんが、長期間飼育のコツは、メンテに苦労しないように、最初のセッティングをやっておくことです。飼い始めはみんな興味があるので、世話をすることを厭いませんが、可愛いのは最初のうち(「美人は三日で飽きる」という、アレですな…私は飽きないと思うけど)だけで、そこにいるのが当たり前の状態になると、手抜きが始まります。

 この手抜きは仕事で飼育している場合でもなければ、誰にでも起こる当たり前のことなので、私の場合には、最初にこの「飽き」が来た状態を設定しておくのです。こうすると意外なほど長期間の飼育が可能になります(ちなみにヒキガエルのオタマジャクシは、彼らがとても小さなカエルになった時の最初のエサが手に入りやすい、畑?の傍で飼育しております…どうりでどんどん脱出するはずだ(笑)… あとは厳しい?我が家の庭の生存競争に勝ち残れば、ちゃんとしたニッチを確立できます…手抜きだなあ)。

 なにしろ初心者マークの「神様」は、何をやっても抜けていますから、こちらが抜けたところは、本人たちがカバーできるようにセットしておくのが一番でございます。できたら私は、気が向いたときに、少しだけ手助けする程度で。

 ほい、ここまで打ったところで、蚊が一匹侵入しておりました。見事生け捕りにいたしまして、嘴の長さを半分にいたしました(これで生き延びれるなら、生き延びてみるとよい。人様の血を吸うだけでなく、痒みという不快な感覚まで与える生き物には、神様は容赦しないよ。ギリシャ神話のゼウスなら、雷を落とすところだ…ゼウスって雷神?)。私はいつもいうように、「専守防衛」でございますから、こういった輩には容赦はいたしません。

 宮本武蔵のように、お箸でハエを捕まえたりはできませんが(きったねえな)、蚊ぐらいならばなんとか生け捕りにできます(叩き潰す方が、100倍簡単です)。こんな人間(神様?)の血を狙ったのが運の尽きと、諦めることです。(若い頃なら、「喧嘩は相手を見て売れ!」と吠えたことでしょう。最近は超穏やかになりましたけど)。

 あまり大活躍したもので、夕食後、またしてもうつらうつらとしておりました。これからもうひと踏ん張りしないと、今晩は寝られません。さて、超美味しい、自分で淹れたアイスコーヒーでも飲みながら、頑張りますか!

« 定員? | トップページ | 母国語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147337/73629004

この記事へのトラックバック一覧です: 私の「飽き」対策:

« 定員? | トップページ | 母国語 »