2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宗旨替え? | トップページ | 個人的時差ボケ »

2018年6月 9日 (土)

日莫途遠(日莫れて途遠し)!

 日が長いと、いくつか弱点がある。睡眠不足になりがちなのもその一つだが、その原因ではないかと思う、時間感覚の狂いがある。今日なんか、その最たるものだった。

 梅雨の晴れ間で、かつそろそろペースを上げて行こうかと思っていたところだが、(早寝早起きしたのに)、練習を始めるのが遅くなった(その時は、まだ明るかったので、余裕のよっちゃんだと思っていた)。で、久々にフルセット(には程遠かったけど。私のフルセットをやれば、一日24時間では、絶対に足りない)近くやろうとしたら、屋外での練習から引き上げる頃にはとっぷりと日が暮れ(途中で暮れていました…笑)、家について時計を見て驚いた。もう「よゐ子は寝る時間」ではないですか!(ちなみに私は、練習中は気が散るので、時計を持ちません)

 あわてて晩御飯の支度をして、食べ終わってみたら、今日も残りわずか。これが慌てずにいられましょうか(唯一の救いは、明日が日曜だということだけど、カメちゃんがいるので、お天道様の運動に合わせて起きなくてはならない。飼育場所の移転先は、おおよその目安はついたんだけど、まだ草取りが済んでないし)。

 日がとっぷり暮れた帰り道、最初に思いだしたのは、『史記』の登場人物の中でも好きな伍子胥列伝でしたね。伍子胥は楚の平王に、父親伍奢と兄伍尚を、冤罪で殺されてしまいます。自分だけはなんとか生き延びて、父と兄の敵を討とうとあちこちに亡命するのですが、最終的には呉の国に亡命し、ここで報復の時を待ちます。

 するとそのうちに最大の仇である楚の平王は病死してしまうんですな。これは私が考えてもやりきれない。仇が死んでしまったら、誰に報復すればいいのか。これは実は「悪夢の始まり」です。仇をさっさと討つことができれば、わりと納得できる(心が貼れるかどうかはわかりませんが)ものでしょうが、仇が仇討のできないところに逃げてしまっていると、これはもうどう報復してよいか、見当がつきません。

 それでも呉王闔閭の理解もあり、伍子胥は兵聖孫武らと、呉の国軍を率いて楚に侵攻し、楚軍をぎたぎたにやっつけ、楚都郢(春秋戦国期の楚は、どこに国都を置いても、郢という名前にしてしまいますが)を陥落させます。楚の平王の子、昭王は(この人はなかなかの名君であったようですが)すたこらさっさと国都を捨て、逃れます。しかしながら死んでしまった平王は逃げ出せません。

 そこで伍子胥は楚の平王の墓を暴き、死体を掘りだし、300回鞭打ったと申します。有名な「屍を鞭打つ」の典故となった出来事ですが、果たして伍子胥が本当に屍を鞭打ったかどうかは別として(気持ちはわからなくもないし)、さっさと平王が生きていて詫びでも入れれば、もしかしたら楚が滅亡寸前まで攻められることはなかったかも知れません。なにしろ伍子胥はもともと楚の人ですから。一般民衆まで傷つける気はなかったと思いいます。ただ、目指す仇がいなくなって、どうしたらよいかわからなかったんだよね、きっと。

 これを見た親友だった申包胥は、人に手紙を持たせて、伍子胥の所業をなじります。「お前だってもともとは楚に仕えた身で、一度は大王と呼びかけたことがあるだろう? 何がなんでも、ちょっとやりすぎではないか」 すると伍子胥は答えます。それが『史記』では有名な「吾日莫途遠、吾故倒行而逆施之(吾、日くれてみち遠し、吾ゆえに倒行して逆施す)」簡単に言うと、「わしも歳をとってしまったのに、まだ全然思ったことができておらんのじゃ。だからいまさらあれこれ世間体や礼儀やなんぞに構うてはおれんのじゃ!」ということでございます(すみません、岡山弁に訳してしまいました…笑)。

 考えてみればまさにこれは私の人生ではないか。伍子胥は倒行逆施したけど、私はしょうもないことに拘って、未だに倒行逆施していない。これが大きな問題だ。ということで、今日の練習は私に、「倒行逆施せよ!」と教えてくれましたよ。そういう意味で、今日はとっぷり暮れた夜道を帰ってきたけど、得たものは少なくありませんでした。(歴史の勉強は、いろんなことに気づかせてくれます)

 明日からちょっと生き方が変わるかも。

※ 今月の『○○を語る会』は、6月16日(第三土曜日)でございます。よろしくお願いいたします。気がついてみたら、来週の今日でした(笑)。

« 宗旨替え? | トップページ | 個人的時差ボケ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147337/73653854

この記事へのトラックバック一覧です: 日莫途遠(日莫れて途遠し)!:

« 宗旨替え? | トップページ | 個人的時差ボケ »